レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について

HOME >> 生命保険と医療費控除

視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    レーシック 生命保険の手術給付金

    生命保険に加入している場合、大抵の生命保険会社ではレーシックが手術給付金の対象にされていますが、中にはレーシックを手術給付金の対象にしていない生命保険会社もありますので自身が加入している生命保険を確認してみましょう。

    もちろん加入している保険の種類などによってはレーシックの手術を受ける時に保険がおりるかどうか異なりますので、自身が加入している保険会社に詳しく聞いてみるのがいいでしょう。

    しかし問い合わせる時に「レーシックの手術」と言ってもわかってもらえない場合もありますので、きちんと正式な手術名称で問い合わせてくださいね。
    レーシックの正式な手術名称は「レーザー屈折矯正手術」になります。

    そしてレーシックの手術が手術給付金の対象となったら、診断書を提出して保険会社に請求してください。この際も大抵の保険会社は専用フォームを設けていますので必要書類はそこから取り寄せることができます。

    レーシックの手術費用は決して安いものではありません。
    手術を検討される時には自身が加入している生命保険で給付金の対象となるのかどうかを予め確認しておきましょう。

    生命保険と医療費控除の記事へ ページトップへ

    レーシック 医療費控除

    レーシックの手術費用は10万円で納まるものではありません。
    ということはもしかすると、レーシックの手術を受ける事で税金が還付される場合もあるということです。

    1月〜12月の1年間で本人や一緒に生活している家族が支払った医療費について、10万円を超えた場合には翌年の確定申告で税金が還付される場合があります。

    しかし1年間で10万円以上医療費を払ったからといって誰もがその対象となるわけではありません。ですが、もしかしたら対象となる可能性もあるのです。

    そのためレーシックの手術に掛る医療費が税金還付の対象となるかどうかを税務署に一度問い合わせてみましょう。そして対象になる場合には必要書類として何が必要なのかをきちんと確認しておきましょう。

    この場合大抵は手術費のレシートや領収書が必要になるかと思いますので税金還付の対象となる、ならないに関わらずこれらは大切に保管しておきましょう。

    生命保険と医療費控除の記事へ ページトップへ

    視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    ページトップへ
    レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について