レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について

HOME >> レーシック以外の近視矯正

視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    レーシック フェイキックIOL

    レーシック以外にも近視矯正の手段があります。それが「フェイキックIOL」です。これはレーシックでは難しいとされる強度近視や角膜が薄い人でも近視矯正が可能となるものです。

    そしてフェイキックIOLを日本語で言うと「有水晶体眼内レンズ」とされるのですが、この眼内レンズは本来白内障の手術で使用されるものです。
    白内障に罹り白く濁った水晶体を取り除く代わりに眼内に入れる人工レンズのことです。

    しかし近視は白内障とは異なりますので、ここでのフェイキックIOLは近視を治すための手術で使用される眼内レンズということになります。
    レーシック同様に近視を治す手術なので水晶体を残したまま眼内にレンズを追加するかたちで挿入します。

    そのためフェイキックIOLにはいくつかタイプがありますが、ここで使用されるフェイキックIOLも白内障手術で使用されるものと同様の材質で作られていますので長期に渡る安全性も報告されています。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック フェイキックIOLの特徴

    レーシックとフェイキックIOLの違いは角膜の手術なのか、そうでないのかです。
    レーシックは近視の強さに応じて必要な量のレーザー光線を角膜に照射し、角膜を削る事で近視を矯正します。

    ですがレーシックの場合近視が強ければ角膜を削る量も多くなることから強度近視の人に対してはレーシックの手術ができない場合もあります。
    また元から角膜が薄い人も同様にレーシックの手術が受けられない人もいます。

    しかしフェイキックIOLはレーシックとは違い角膜の手術ではありませんので、角膜の厚さはもちろん近視の度数にも影響されることなく近視を治すことができる手術なのです。

    そのためフェイキックIOLはレーシックでは対応できなかった高度近視の人であっても治療可能な手術なのです。
    更に角膜をいじるものではない事から、万が一トラブルが生じても挿入したレンズを取り出すことで目を手術前の元の状態に戻せる。というのがフェイキックIOL最大の特徴です。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック フェイキックIOLのメリット

    レーシック以外に近視を治す方法のフェイキックIOLのメリットは、レーシックや他の近視矯正手術が不可能な人でも近視を治すことが出来る事や、もし万が一トラブルが生じてもレンズを取り出すと目を元の状態に戻せることがあげられます。

    これらが最大のメリット、特徴とされますが他に挙げられるメリットには、眼内レンズだからといってコンタクトレンズのように取り外して洗うなどのケアが必要ないこともメリットの1つです。

    更にレーシックであれば手術後見え方に不満を感じる場合も有りますよね。しかしフェイキックIOLではそのような心配はありませんし、レーシックと組み合わせて手術をすることで更なる効果が期待できます。

    これらがフェイキックIOLのメリットとなりますが、レーシック同様手術時間も20分程度と短時間で済むのもフェイキックIOLのメリットです。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック フェイキックIOLのデメリット

    フェイキックIOLはレーシックと比べ現在までの症例数が非常に少ないため、長期に渡る安全性は今のところ確立されていません。

    また症例数が少ないということはフェイキックIOLを行えるクリニックや医院もレーシックに比べ数が少ないということです。

    更にレーシックであれば両目一緒に手術できるのに対して、フェイキックIOLは視力が安定するまで時間を要するため両目同時に手術をすることは不可能です。

    これらがフェイキックIOLのデメリットとなります。
    そのためレーシックでの治療が困難だからといって安易にフェイキックIOLを決断するのは危険ではないかと私は思います。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック 角膜リング

    近視矯正手術用として開発された「角膜リング」と呼ばれるものがあります。
    これはレーシックとほとんど同じ時期にアメリカで開発された近視矯正法です。
    そして角膜リングは半円周状の2つのリング片を角膜実質内に挿入し、そうすることで角膜のカーブを変化させて近視を矯正します。

    しかし強度近視や強度乱視の人が角膜リングでの矯正を行っても実際には効果は弱く、両眼同時に手術が不可能な事から「視力回復」という点から見るとレーシックの方が優れていると言えますね。

    ですが角膜リングとレーシックには決定的な違いがあり、レーシックでは一度手術をすると角膜を元に戻せないため、万が一何かあっても眼を手術前の元の状態にもどすことが不可能ですよね。
    それに対し角膜リングでは何かあっても挿入したリングを取り出すことができることから、万が一の時には眼を手術前の元の状態に戻す事ができるという特徴があるのです。

    また角膜リングは円錐角膜患者に対しても使用され円錐角膜の進行を予防する効果があるのではとも期待されています。
    このように角膜リングは手術を受ける対象者は限られてきますが、レーシックでは矯正しきれなかった人などレーシック後の追加矯正を希望する人に適した矯正法なのです。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック 角膜リングのメリットとデメリット

    角膜内リングはレーシック後の追加矯正を希望する人に適した矯正法ですが、角膜リングの最大のメリットは、レーシックと違いもし万が一何かあった時に挿入したリングを取り出すことで眼を元の状態に戻す事ができるということがあげられます。

    またその他のメリットは以下になります。
    ・強度近視の人には適さないが、軽度近視の人には効果的である。
    ・円錐角膜の進行を予防する効果があるのではと期待されている。
    これらが角膜リングのメリットとなります。

    しかしデメリットもあります。そこでデメリットは以下になります。
    ・レーシックに比べまだ最新の技術ということもあり症例数が少ない。
    ・レーシックに比べ手術を行えるクリニックの数が少ない。
    ・強度近視の人が手術を受けても効果を得られにくい。
    ・乱視、緑内障の人など手術を受けられない人もいる。

    このようなメリットとデメリットが角膜リングにはあります。
    そのためレーシックと比べてまだまだ一般的とは言えませんが近視矯正にはレーシックの他にもこのような方法があるということを覚えておいてください。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック ラセック

    ラセック(LASEK)は1999年にイタリアで開発されたレーシックとは異なる近視矯正手術です。PRKとレーシックに似たような方法で行われます。

    具体的には角膜にエキシマレーザーを照射し屈折異常を矯正する視力回復手術ですが、レーシックで使用されるマイクロケラトームでフラップを作成するより、ラセックではレーシックより薄くフラップを作成することが出来ます。

    そのためレーシックでは難しいとされた角膜が薄い人に対しても手術が可能になるなど患者の適応範囲が広がり、レーシックの矯正度数の限界についても安全にそして確実に改善された視力回復手術なのです。

    またレーシックではエキシマレーザーを使用しますが、これは角膜の強度を保つため角膜の厚みをある程度残さなければなりませんが、ラセックでは作成するフラップが薄いためその分角膜の厚みを多く残す事が出来るのです。

    このようにラセックは、レーシックでは難しいとされる角膜が薄い人や強度近視の人、またフラップの接着力がレーシックに比べ強いことから格闘技などの激しいスポーツをする人にも適した近視矯正法なのです。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック ラセックのメリット

    ラセックを中にはラゼックと呼ぶ人もいるようですが、ラセックのメリットはレーシック同様にフラップを作成しますが、ラセックで作成されるフラップは上皮部分のみということでレーシックより薄くフラップを作成することができます。

    そして薄くフラップを作成するということはレーシックに比べそれだけ残せる角膜の厚みが多くなるということから、角膜が薄い人、強度近視の人、眼が小さい人などでもラセックによって視力矯正が可能になるということです。

    また2週間ごとに眼の上皮細胞が生まれ変わることで、その部分のみにフラップを作成するラセックではフラップそのものの回復力が高いため直接眼に衝撃を受けるような激しいスポーツをする人にも適した手術であるということもメリットとして挙げられます。

    その他のメリットには角膜混濁のリスクが比較的少ないということなど、ラセックにはこれらのメリットがあります。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    レーシック ラセックのデメリット

    ラセックではレーシックに比べ多少の痛みを伴います。
    またアルコール処理をするため手術後、視力が回復するまで1週間程度の時間を要することから術後、運転は約1週間ほど控えなければなりません。

    そしてアルコール処理により視力回復までに時間を要する他、長期的なリスクについては今のところ不明です。更にアルコール使用によってレーザー照射の精度は不安定でたまに誤差が生じてしまう場合もあります。

    他にもレーシックでは手術後に角膜保護用のコンタクトレンズを装用しなくてもいいのですが、ラセックではレーシックで不要とされる保護用のコンタクトレンズを装用しなければなりません。

    これらがラセックのデメリットとなります。
    確かに現在ではラセックを積極的に導入しているクリニックもあるのですが、これらのデメリットを踏まえ現段階ではレーシックの方が優れている近視矯正手術だとされているのも事実です。

    レーシック以外の近視矯正の記事へ ページトップへ

    視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    ページトップへ
    レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について