レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について

HOME >> レーシック手術後の流れ

視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    レーシック 手術後の注意

    レーシックの手術後は日常生活においていくつか注意しなければならないことがあります。もちろんレーシックの手術を受けたクリニックなどで医師から説明されることです。

    まずレーシックの手術後は処方される薬を指示通り服用することが大事です。
    そしてレーシックの手術後1週間程度の間は外出する際、角膜を保護するために保護用眼鏡を装用しましょう。

    そして女性であればお化粧もしなければなりませんよね。しかしレーシックの手術後はアイメイクは控えましょう。またスポーツに関しても眼に衝撃を与えるような運動や水泳などもレーシックの手術後しばらくは控えなければなりません。

    更に何よりもレーシックの手術後1週間は機械的な刺激に特に注意してください。
    またこの時期は視力も不安定なため、手術後は目を使いすぎないようにし睡眠の際には手術後3日間は眼帯を必ず着用しましょう。

    このようにレーシックの手術後は日常生活において多少制限を受けるものも出てきます。そのため医師からの説明をよく聞いてそれらをきちんと守るようにしてください。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後の検査

    レーシックの手術を受けたら必ず決められた時期に術後の経過が良好であるかを調べるため検査を受けなければなりません。

    そこでレーシックの手術後の検査の時期は
    ・手術をした次の日。
    ・手術をした1週間後。
    ・手術をした1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後、2年後からは1年置き。
    このように決められていますが、特別レーシックの手術を受けたクリニックなどから指示がる時にはそれに従って術後の検査を受けてください。

    しかし何故これだけレーシックの手術後に検査が必要になるのでしょうか。
    それはレーシックの手術を受ける人の近視の程度は様々ですよね。中には強度近視の人もいます。
    もし強度近視の人がレーシックの手術を受けた場合、全ての人がとは言いませんが、一部の人の中にはレーシックの手術後に「近視戻り」が起こる人もいるのです。

    そのためこのような症状が出てしまうと場合によっては再手術も検討しなければならないことから決められた時期に視力の推移などを把握するため検査を受けなければならないのです。
    また視力の推移もそうですが、他にも合併症を発症していないかについても把握する必要があるため、手術後の検査はきちんと受けるようにしてください。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後いつから仕事に復帰できるか

    レーシックの手術は日帰りでできるものですが、ではレーシックの手術を受けた後はどれくらいで仕事に復帰できるのでしょうか。

    レーシックの手術後の当日は、全ての職種において仕事は休まざるをえません。
    レーシックの手術を受けた当日は出来るだけ目を安静にして休ませましょう。

    しかし全ての職種とはいっても目に負担を掛けずに済むような職種であれば、レーシックの手術を受けた翌日から仕事に復帰しても構いません。

    いずれにせよ、いつから仕事に復帰できるのかについては大変重要なことですから出来ればレーシックの手術を受ける前に医師に確認し、事前に医師とよく相談する事をお勧めします。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後の車やバイクの運転

    レーシックの手術後、いつから車やバイクなどの運転は可能なのでしょうか。
    これは当然のことですが、レーシックの手術を受けた当日にこれらを運転する事は大変危険な行為です。

    そのためレーシックの手術を受けた当日は絶対にバイクや車の運転はできません。
    またバイクや車の運転は、レーシックの手術後最低でも3日間は控えるようにしてください。

    しかし人によってはレーシックの手術後、ハロー・グレア・スターバーストなどの合併症を発症してしまう人もいます。

    そのため車やバイクの運転は仕事柄などにも関係してくるかと思いますが、主に夜に車やバイクの運転をせざるをえない人はレーシックの手術を受ける前に事前に医師に相談しましょう。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後の洗顔・洗髪・入浴

    レーシックの手術後、いつから車やバイクなどの運転は可能なのでしょうか。
    これは当然のことですが、レーシックの手術を受けた当日にこれらを運転する事は大変危険な行為です。

    そのためレーシックの手術を受けた当日は絶対にバイクや車の運転はできません。
    またバイクや車の運転は、レーシックの手術後最低でも3日間は控えるようにしてください。

    しかし人によってはレーシックの手術後、ハロー・グレア・スターバーストなどの合併症を発症してしまう人もいます。

    そのため車やバイクの運転は仕事柄などにも関係してくるかと思いますが、主に夜に車やバイクの運転をせざるをえない人はレーシックの手術を受ける前に事前に医師に相談しましょう。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後のメイク

    レーシックの手術を受けた当日は洗顔や洗髪を控えてください。
    特にレーシックの手術を受けた目に水がかからないように注意しましょう。

    レーシックの手術を受けた当日に目に水がかからないよう、きちんと注意を払えるのであれば手術を受けた当日にシャワーを浴びる事は出来ます。

    ですがシャワーは可能ですが、浴槽に湯をはって入る入浴は控えてください。
    また石鹸などを使用する洗顔はレーシックの手術後3日目からできるようになりますが、この時も石鹸水や石鹸の泡が目に入らないよう注意が必要です。

    このように洗顔・洗髪・入浴についてはとにかく最低でもレーシックの手術後1週間は目に水や石鹸が入らないよう注意しなければなりません。
    これらについても何時から普段通り可能となるのか医師に確認しておきましょう。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後のスポーツ

    女性であれば職業柄メイクがどうしても必要になる場合もありますよね。
    ではレーシックの手術後いつから普段通りのバッチリメイクが可能になるのでしょうか。

    まずエキシマレーザーを使用するレーシックの手術を受けた場合、手術を受けた当日に普段通りのメイクをしてしまうと、エキシマレーザーの効果に影響を与える可能性があります。

    そのため基本的に特にアイメイクや香水、整髪料は控えてくださいと医師より説明があると思いますので、その時にこれらがいつから可能になるのかを確認しておくといいですね。

    大抵は軽い基礎化粧程度であればレーシックの手術を受けた3日後には可能になるのですが、アイメイクと呼ばれるアイラインやマスカラなどの本格的なバッチリメイクは手術後約1ヶ月間ほど控えるのが望ましいですね。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後目が痒くなったら

    レーシックの手術をした後はいつ頃からスポーツが可能になるのでしょうか。
    レーシックの手術後軽い運動とされるものであれば、大抵1週間〜2週間ほどで可能になると思います。

    ですが激しい運動とされるサッカー・テニス・バスケットボール・バレーボールなど、そしてウォーター関連のスポーツ例えば水泳などはレーシックの手術後、最低でも1ヶ月は控えなければなりません。

    しかしこの運動を控えなければならない期間には個人差がありますので、レーシックの手術後の検査でクリニックなどを訪れた時に医師に相談してからスポーツを再開するのが望ましいですね。

    このようにジョギングなどはレーシックの手術を受けた翌日から可能となるとされていますが、手術後のスポーツの再開については個人差がありますので自分はいつからスポーツが出来るのかを医師に相談してみましょう。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    レーシック 手術後の飲酒・喫煙

    レーシックの手術を受けようが受けまいが自然と目が痒くなる事ってありますよね。
    ですがレーシックの手術を受けた当日は例え目が痒くなろうと絶対にこすってはいけません。

    そしてレーシックの手術を受けた後に目が痒くなったとしても最低でも手術後約1ヶ月間は目を強くこすらないように注意しましょう。
    何故なら手術後1ヶ月ほどはまだフラップが完全に接着されず不安定な状態だからです。

    しかしフラップが不安定な状態で目が痒いからといって目をこすってしまうと、フラップがずれる恐れがあるため危険なのです。といってもこれについても個人差があるためフラップが安定すれば目をこすっても大丈夫になります。

    そのためレーシックの手術後フラップが安定する期間は個人によって違いますので、どうしても目が痒くて我慢できない場合には、医師に相談し処方された点眼薬を使用するようにしましょう。

    レーシック手術後の流れの記事へ ページトップへ

    視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    ページトップへ
    レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について