レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について

HOME >> レーシックのデメリット・リスク

視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    レーシックのデメリット

    安全性が確立されてきたレーシックですが全く危険がないとは言いきれません。
    レーシックにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。
    これらもきちんと把握しておきましょう。

    まずレーシックの手術ではエキシマレーザーを使用します。
    この場合の安全性は確かに高いのですが、これは医学的手術でもあるわけです。
    そのため安全性の裏には多少なりともリスクが伴います。

    しかし失明するほど大きな危険が伴うわけではありません。
    ただ、レーシックの手術では一度切除した角膜をレーザー照射後に戻す事で自然に治癒するわけですから、それに伴ってリスクが伴う。というわけですね。

    従って安全性が高い反面、一時的に合併症を引き起こしたり中には専門医による治療を要するケースも見られるようです。
    そのためレーシックを希望される方はメリットだけでなくデメリットについてもきちんと把握しておく必要があるのです。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシック ドライアイ

    レーシックの手術後3ヶ月程度は、稀にドライアイになる事があります。
    というのは、レーシックの手術では角膜フラップを作成してその内側の角膜実質層を削ります。

    そのためどうしても角膜フラップを作成する時に部分的に神経を切断することで、レーシックの手術終了後に角膜の感度が鈍くなり瞬きも減ることから、眼が乾くドライアイの症状が出てしまうことがあるのです。

    しかし例えドライアイの症状が出たとしても時間の経過と共に切断された神経も再生し、目薬や涙点プラグを挿入していくことで症状を和らげ次第にドライアイの症状も治まってきますので心配いりません。

    このように人によってはレーシックの手術後にドライアイの症状が出てしまうこともありデメリットとされていますが、これは適切な処置により自然と治まってきますので、ドライアイの症状が出たら早めに対処しましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックと老眼

    レーシックによる手術をした際のデメリットには「老眼の抑制が不可能」ということが挙げられます。
    そもそも老眼は誰でも年齢を重ねるに連れ訪れるものです。

    またレーシックの手術は近視を矯正するものであって、老眼を食い止めるものではないため、例えレーシックによる手術をしたからといって一生眼鏡から開放されるというわけではありません。

    それにレーシックで矯正されるのは近視などの屈折異常なのでレーシックの治療を受けたからといって老眼とは直接関係なく、実際のところはレーシックの治療を受けた事で視力が良くなり、老眼になったと気付くのが早くなるということです。

    そのためレーシックによって近視が矯正されたとしても、ある年代になると老化が進行し場合によっては老眼鏡が必要になってきます。
    視力に関して誤った認識でレーシックと老眼について語る人もいますが、実際にはレーシックと老眼は直接関係の無いものだということを覚えておきましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックの術後の副作用のような症状

    レーシックの手術を受けた後に人によっては感度が鈍くなったり、夜に視力が低下する可能性がある人もいます。

    これは強度の近視の人がレーシックの手術を受けて矯正する場合に起こりうることなのですが、強度の近視の人がレーシックの手術を行う場合、削る角膜が他の人と比べて多くなってしまいます。

    そのためレーシックの手術後に副作用のような症状として角膜の感度が鈍くなったり、夜に視力が低下したりといった症状が見られるのです。

    ですがこの症状は普段の日常生活の中でハッキリ自覚できるほど異常なものはほとんどありませんが、もし自覚した場合には早めに専門医に相談しましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックによる感染症

    レーシックの手術によって稀に感染症が起こる場合があります。
    これは滅多に起こることではありませんが、ごく稀に感染症を起こして眼球が白く濁ってしまうことがあるのです。

    原因はレーシックの手術を行うクリニックなどの設備、そして手術に携わるスタッフや医師の経験です。
    これらはレーシックの手術を行う前にきちんと把握しておく事で回避することが出ます。

    しかしこれらを把握できないままレーシックの手術を行い感染症に罹ってしまった場合には早期に治療する事で治すことは可能なのですが、もし治療が遅れてしまうと角膜を移植しなければなりません。

    そのためレーシックの手術を受ける際には事前に自身の情報収集によるクリニック選びと、レーシックの手術後の定期的な通院が大切になってきます。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシック ハロー・グレア現象

    強度の近視の人がレーシックの手術を行った場合、手術後「ハロー・グレア現象」と呼ばれる現象が起こることがあります。

    これは簡単に言うと明るい光を見た時、例えば夜に街灯などの明かりを見た時に、光の周りにぼんやり霧がかかったように見えるハロー現象と、逆に明るい光を見た時に眩しく見えるグレア現象のことを言います。

    レーシックの手術をした場合に、このような現象が起こることがあるのですが、普通は大体3ヶ月程度で治るとされています。
    しかし強度の近視の人がレーシックの手術でこのような現象が起こった場合にはその症状が残ってしまう可能性があるのです。

    このように強度の近視の人がレーシックの手術を行った場合「ハロー・グレア現象」が起こる場合もあり、更にはこの症状が残ってしまう可能性もある。ということを覚えておきましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックの手術の最大のデメリット

    レーシックの手術を行った場合に、数週間適切な治療を行うことで治癒する合併症には以下があります。

    ・ドライアイの症状が出る ・眼に異物感を感じる
    ・白目が充血する     ・涙目になる

    などこれらの症状があり、そして医師の処置を要する合併症は以下になります。

    ・矯正しすぎて遠視気味になってしまう
    ・逆に矯正が弱く近視が残ってしまう
    ・角膜に感染症が起こるなどがあります。

    これらはいずれも早期発見による早期治療が重要になりますので、そのためにもレーシックの手術を受けた後には必ず定期検診を受けるようにしましょう。

    またレーシックの手術の最大のデメリットは、レーザーで角膜を削ることで近視を矯正する手術になることから「一度削った角膜を元に戻す事ができない」ということを覚えておきましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックのリスク

    レーシックに関しては長期的な術後の症例データはありません。
    つまりレーシックの手術そのものが安全であったとしても、手術後何十年と経過した後に重大な障害やトラブルが発生する可能性も少なからずあるということです。

    確かに近視などの屈折異常の矯正に効果的とされるレーシックの手術であったとしても、術後何十年も経過してから障害やトラブルが発生したからといって、一度削った角膜、つまり眼を元に戻すことはできません。

    しかしこのようなリスクを何も把握せずに医師に勧められるままレーシックの手術を行う人もいるようですね。ですがそれは賢明な判断とは言えません。

    そのためレーシックの手術を勧められた際には「このようなリスクを伴うものである」ということを自身が理解しておかなければならないのです。
    レーシックの手術にどのようなリスクがあるのかを自身が理解し、手術を受けるかどうかを決断しましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシック 希望の視力回復が望めない

    レーシックに伴うリスクには個人差のある視力回復が「自身の希望する視力まで達しない」ことが挙げられます。

    一般論としてはレーシックの手術を受けることで眼鏡やコンタクトレンズをした時程度の効果が出るとされている反面、実際の視力回復には個人差があります。

    そのためレーシックによる手術を受けて「どの程度まで視力回復が望めるのかは、実際に手術をしてみなければ結果は分らない」というのが本当のところです。

    特に強度の近視の人にこの傾向が強く見られるようで、レーシックの手術をする前とした後では、する前の方が矯正視力が良かった。という人も中にはいるようです。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシック リグレッション

    レーシックでは「リグレッション」と呼ばれる問題が常に付きまとうことになります。これは簡単に言うとレーシックの手術をしたにも関わらず再び近視になってしまう「近視戻り」のことです。

    これは折角レーシックの手術をして、視力が回復したにも関わらず時間の経過と共に又視力が落ちてくるというもので、何が原因でこのような状態になるのか今のところ原因は解明されていません。

    しかし人間の体というものは手術や怪我などで急激な変化を遂げた場合、元に戻すための力が働くため、レーシックの手術の場合であれば通常より厚く角膜上皮層が再生するために起こるのではないか。と考えられています。

    そのためもしレーシックの手術後にこのような症状が出た場合、クリニックによっては再手術を行ってくれるところもあります。ですが一度角膜を削っているため二度目の手術では削る角膜の厚さが足りず再手術が不可能なケースもあります。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックの技術面・医療機器の問題

    レーシックの手術は安全であると言われる反面、レーシックの手術に関する技術面、医療機器による問題があります。
    これはレーシックの手術に携わるスタッフや医師の経験、技術、医院の医療機器のトラブルなどによるものです。

    ごく稀にですが、角膜フラップを元に戻す時にシワが寄ってしまったり、あるいは本来削るべき角膜を削り過ぎたりしてまうことがあります。
    そのせいで不正乱視を発生してしまうことがあるのです。

    しかしこれらはレーシックの手術を受けようとする私たちがクリニックを選ぶ際に間違いのないクリニック選びをすることで回避することが出来ます。
    そのため技術面で重大な事態に陥らないためにも、実績のある医師が執刀するクリニックや医院でレーシックの手術を受けることをお勧めします。

    また医療機器による問題もあり、これらによってフラップを作成する時にトラブルなどが起こるとフラップ作成が不完全になることから上皮剥離を起こす危険性もあるのです。
    これを回避するためには最新の設備の整った医院を選んでレーシックの手術を受けるようにしましょう。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    レーシックの手術に掛る費用

    レーシックの手術費用は各医院やクリニックによって異なりますが、決して安いと言える金額ではありませんので、これについてもレーシックのデメリットとなりますが必ずしもそうだとは言い切れません。

    そもそもレーシックは保険適用外による手術であることから、自由診療であるためレーシックの手術に掛る費用は各医院やクリニックによって差が生じてくるのです。

    しかし「費用が高いから良い」や「費用が安いから駄目」というわけではありません。また考え方によってはレーシック手術に掛る費用が高いと思っていても長期的な視点から見ると決して高くは無い場合もあります。

    それはレーシックの手術を受けずにこれから先コンタクトレンズを長期に渡って使用することを考えれば、一度に払う額が高額であったとしても決して高いとは言えず、逆に割安になることからデメリットとするかメリットとするかは「自身の判断」ということになりますね。

    レーシックのデメリット・リスクの記事へ ページトップへ

    視力回復レーシック

  • 神奈川クリニック眼科が選ばれる12のポイント

  • 神奈川クリニック眼科は2000年に開院120,000症例以上の治療実績
    著名スポーツ選手の体験談なども充実で安心の大手クリニック

  • たった1日のレーシックで驚きの視力回復!SBC新宿近視クリニック

  • 国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀
    人気の秘密は、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策

  • アイレーシックのその先へ。銀座スポーツクリニック

  • アイレーシックを実施することが可能な最先端の手術設備
    実績のあるドクター・スタッフの医療技術が強み

    ページトップへ
    レーシック視力回復道場 近視乱視矯正について